メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神奈川・逗子の死亡事故 斜面亀裂伝わらず 崩落前兆「漫然」の穴 管理会社「調査、機会あれば」

 神奈川県逗子市でマンション敷地内の斜面が崩落し女子高生が死亡した事故は、事故前日に斜面上部で亀裂が見つかっていた。複数の専門家は「崩落の前兆」と指摘するが、県の担当者が残したメモや関係者の証言をたどると、管理人が発見した亀裂の情報が危機感を持って共有されず、対応が後手に回った経緯が浮かぶ。

 事故後、現場を調査した国土交通省国土技術政策総合研究所によると、1月30日から事故が起きた2月5日朝まで、まとまった雨は降らなかった。このため、同研究所は降雨によるものではなく、「風化を主因とした崩落」と判断した。東北東向きで日当たりが悪かったことも風化を加速させたとみられている。

 亀裂の写真を分析した京都大防災研究所の釜井俊孝教授(斜面災害)は「斜面が下がる力でできた亀裂で、崩落の前兆といえる。割れ目の形から新しくできたものとみられる」と指摘する。「雨もないのに亀裂が入る異常な事態。直ちに周辺に注意喚起すべき事例だった」と話す。一般社団法人地域微動探査協会の横山芳春さんも「速やかに下の道路を通行止めにすべきだった。亀裂の存在が行政にも伝わっていれば、結果は違った可能性があ…

この記事は有料記事です。

残り2106文字(全文2595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです