メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エサ捕獲、AIが見極め撮影 名大開発、動物の生態解明に期待

ウミネコが海に浮かんでいる虫を捕まえる様子を撮影した映像=依田憲・名古屋大教授提供

 名古屋大の依田憲教授(動物行動学)らのチームは野生動物の行動を効率的に捕捉するAI(人工知能)を搭載した小型記録装置を開発した。ウミネコの撮影では、15分おきに1分間撮影する従来のAI非搭載の記録装置に比べ、AI搭載装置では採餌する映像が多く映っていた。動物の生態解明につながるとして期待される。30日、英科学誌「コミュニケーションズバイオロジー」(電子版)に論文が公開された。

 野生動物に装着する小型カメラを搭載した従来の装置は、動物の動きを阻害する大きなバッテリーを付けることが難しいため、常時撮影はできなかった。今回開発した装置(縦85ミリ、横35ミリ、高さ15ミリ、重さ27グラム)は、AIにあらかじめ認識させた野生動物の行動をセンサーが捉えると、小型カメラが撮影を始める。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです