メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エサ捕獲、AIが見極め撮影 名大開発、動物の生態解明に期待

ウミネコが海に浮かんでいる虫を捕まえる様子を撮影した映像=依田憲・名古屋大教授提供

 名古屋大の依田憲教授(動物行動学)らのチームは野生動物の行動を効率的に捕捉するAI(人工知能)を搭載した小型記録装置を開発した。ウミネコの撮影では、15分おきに1分間撮影する従来のAI非搭載の記録装置に比べ、AI搭載装置では採餌する映像が多く映っていた。動物の生態解明につながるとして期待される。30日、英科学誌「コミュニケーションズバイオロジー」(電子版)に論文が公開された。

 野生動物に装着する小型カメラを搭載した従来の装置は、動物の動きを阻害する大きなバッテリーを付けることが難しいため、常時撮影はできなかった。今回開発した装置(縦85ミリ、横35ミリ、高さ15ミリ、重さ27グラム)は、AIにあらかじめ認識させた野生動物の行動をセンサーが捉えると、小型カメラが撮影を始める。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです