メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆遺跡守った語り部の遺品見つかる 被爆者台帳、爆心地復元地図下書きも

内田さんが作った長崎市松山町の復元地図の下書き=長崎市目覚町の長崎の証言の会で2020年9月18日午後2時半、今野悠貴撮影

 「長崎原爆遺跡」として国史跡に指定された旧城山国民学校(現・長崎市立城山小)の校舎保存に尽力したことで知られ、今年4月に90歳で亡くなった長崎市の内田伯(つかさ)さん方から、被爆当時の記憶を伝える100点超の遺品が見つかった。生き残った者の責務として戦禍の記録を残すことに生涯をかけた内田さん。遺品は業績の一端を物語る。

 内田さんが代表委員を務めていた市民団体「長崎の証言の会」が遺族の依頼を受け、今夏から内田さん方で遺品を整理していた。見つかったのは、内田さんが爆心直下の長崎市松山町などの住民を一軒一軒訪ねて作った被爆者の台帳「原爆被爆者調査名簿」百数十世帯分や、台帳を基に被爆直前の町並みを復元した地図の下書きなど。原爆の熱線で焼けた瓦や溶けたガラス瓶などもあった。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです