豊能町仮置き場を「処分場」に ダイオキシン問題で環境施設組合方針 大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊能郡環境施設組合のお知らせを掲載する豊能町のホームページ
豊能郡環境施設組合のお知らせを掲載する豊能町のホームページ

 大阪府能勢、豊能両町でつくる豊能郡環境施設組合が2016年、ダイオキシンを含む廃棄物を無断で神戸市に埋め立てた問題で、搬出後に豊能町内に仮置きしている廃棄物が10月31日、保管期限を迎えた。組合は同日、同町で住民説明会を開いて3度目の保管延長を要請。終了後に記者会見した組合管理者の塩川恒敏豊能町長によると、廃棄物の一部が置かれている保育所跡地を処分場とする方針を伝えた。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集