メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

初優勝となるフィニッシュテープを切る智弁和歌山の楠本凪選手=和歌山県日高川町で2020年10月31日、木村綾撮影

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の和歌山県予選が31日、同県日高川町の日高川周辺コースであった。男子は智弁和歌山が連覇を果たして2回目の優勝。女子も智弁和歌山が初の栄冠に輝いた。

フィニッシュテープを切り、2連覇を決めた智弁和歌山の川手友希選手=和歌山県日高川町で2020年10月31日、山本芳博撮影

 両チームは、12月20日に京都市で開催予定の全国大会に和歌山県代表として出場する。【木村綾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです