下関国際と広島新庄が決勝へ 秋季高校野球中国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【下関国際-米子東】七回表下関国際1死一、三塁、賀谷が右犠飛を放つ=島根県出雲市の県立浜山公園野球場で2020年10月31日、猪飼健史撮影 拡大
【下関国際-米子東】七回表下関国際1死一、三塁、賀谷が右犠飛を放つ=島根県出雲市の県立浜山公園野球場で2020年10月31日、猪飼健史撮影

 高校野球秋季中国大会第4日は31日、島根県立浜山公園野球場で準決勝2試合があり、下関国際(山口)と広島新庄が11月1日の決勝に進んだ。

 下関国際は米子東(鳥取)に七回コールド勝ち。賀谷(かや)勇斗(1年)の初回先頭打者本塁打で打線が勢いづき、得点を重ねた。

 広島新庄は鳥取城北に逆転勝ち。同点の七回2死三塁から藤川蓮(2年)が勝ち越し適時打を放ち、六回途中から救援した秋山恭平(同)が好投して逃げ切った。

 下関国際・坂原秀尚監督 (勝因は)初回の攻撃。左打者が鍵を握ると思っていたが、近めの球をしっかりと振っていた。(7回を3安打無失点、9奪三振の)古賀(康誠=1年)は先頭打者をしっかりと抑えてくれた。

 広島新庄・宇多村聡監督 選手が一丸となって戦った結果。いつも以上に元気があった。(相手の)ミスが出たところで、何とか点を取っていけた。改めて1球の怖さというものを感じた。

あわせて読みたい