140キロ台直球と変化球で零封「及第点」 常総学院・大川 秋季高校野球関東

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大甲府-常総学院】常総学院の先発・大川=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影
【東海大甲府-常総学院】常総学院の先発・大川=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 高校野球の秋季関東大会は31日、千葉市の県野球場で準決勝2試合があり、常総学院が10―0で東海大甲府に六回コールド勝ちした。

 背番号10の右腕が躍動した。常総学院の先発・大川慈英(じぇい)が、6回をわずか1安打に抑えた。一、二回は四死球で出塁を許したが、三、四回は「力みが取れた」と3者凡退。五回にこの日唯一の安打を許すも、後続を併殺打に仕留めて得点は…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい