決勝は智弁学園と大阪桐蔭 高校野球秋季近畿

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【市和歌山-智弁学園】決勝進出を決めて喜ぶ智弁学園の小畠一心=京都市のわかさスタジアム京都で2020年10月31日午後1時14分、安田光高撮影 拡大
【市和歌山-智弁学園】決勝進出を決めて喜ぶ智弁学園の小畠一心=京都市のわかさスタジアム京都で2020年10月31日午後1時14分、安田光高撮影

 高校野球の秋季近畿大会は31日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で準決勝があり、智弁学園(奈良)が9年ぶり、大阪桐蔭は2年連続で決勝進出を決めた。市和歌山と対戦した智弁学園は一回に6番・三垣飛馬(2年)の3点二塁打で先制。今大会初登板の右腕・小畠一心(2年)が完投し、4―1で勝利した。大阪桐蔭は六回に花田旭(2年)が逆転満塁本塁打を放ち、京都国際を12―5の七回コールドで降した。11月1日は正午からわかさスタジアム京都で決勝があり、智弁学園は9年ぶり、大阪桐蔭は3年ぶりの優勝を狙う。

【京都国際-大阪桐蔭】六回裏大阪桐蔭2死満塁、花田旭が中越えに逆転満塁本塁打を放つ=京都市のわかさスタジアム京都で2020年10月31日午後3時25分、安田光高撮影 拡大
【京都国際-大阪桐蔭】六回裏大阪桐蔭2死満塁、花田旭が中越えに逆転満塁本塁打を放つ=京都市のわかさスタジアム京都で2020年10月31日午後3時25分、安田光高撮影

 大阪桐蔭・西谷浩一監督 五回まで1安打。もう少し攻撃できるようにしないと。エンジンがかかるのが遅い。たくさんの課題が見つかった。(三回途中から登板の)竹中はしっかりと試合を作ってくれた。

 智弁学園・小坂将商監督 先発は小畠と決めていた。調子が良く、完投してくれたらいいなと思っていた。2点目を取られなかったのが良かった。

あわせて読みたい