明徳義塾、聖カタリナ学園が決勝へ 秋季高校野球四国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鳴門-明徳義塾】試合に勝利し、笑顔を見せる明徳義塾の選手たち=高知市の高知県立春野球場で2020年10月31日、藤井達也撮影 拡大
【鳴門-明徳義塾】試合に勝利し、笑顔を見せる明徳義塾の選手たち=高知市の高知県立春野球場で2020年10月31日、藤井達也撮影

 高校野球秋季四国大会は31日、高知県立春野球場で準決勝2試合があり、明徳義塾(高知)と聖カタリナ学園(愛媛)が11月1日の決勝に進んだ。

 明徳義塾は二回に打者一巡の攻撃で6点を奪うなど圧倒し、鳴門(徳島)に9―2で七回コールド勝ちした。聖カタリナ学園は延長十二回、堀越璃雄(2年)のサヨナラ打で小松との愛媛勢対決を3―2で制した。桜井頼之介(2年)が179球で完投した。

 明徳義塾・馬淵史郎監督 ホッとしています。決勝に出るのと出ないのでは本当に天国と地獄なので。鳴門の(先発の)前田君は変化球に自信がないのはデータで分かっていた。コントロールを乱していて攻めやすかった。

 聖カタリナ学園・越智良平監督 (延長十二回サヨナラ勝ち)疲れたけど、選手が本当によく頑張ってくれた。(サヨナラ打の)堀越は勇気を持ってバットを出してくれた。何とか桜井に負けをつけないように、みんなで頑張ろうとベンチで言いながら戦っていた。

あわせて読みたい