コロナ下の学生駅伝初戦 箱根前哨戦に3強監督の思いは 全日本大学駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2年ぶりの総合1位でフィニッシュする青学大のアンカー・湯原慶吾=東京都千代田区で2020年1月3日、竹内紀臣撮影
2年ぶりの総合1位でフィニッシュする青学大のアンカー・湯原慶吾=東京都千代田区で2020年1月3日、竹内紀臣撮影

 今季の学生駅伝初戦となる全日本大学駅伝は1日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8キロで行われる。新型コロナウイルスの感染拡大で10月の出雲全日本大学選抜駅伝は中止となったが、沿道の応援自粛を呼びかけるなどの対策を取り、開催に踏み切った。「ウィズコロナ」での箱根駅伝前哨戦に向け、「3強」とされる青学大、駒大、東海大の監督の胸の内は?

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1085文字)

あわせて読みたい

注目の特集