メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/312 中国 電気自動車の競争激化

人気を集める中国の電気自動車メーカー「NIO」の乗用車=北京市内で9月30日、米村耕一撮影
レクサスの電気自動車モデル=北京市内で9月30日、米村耕一撮影

[PR]

 9がつまつから10がつはじめに北京ペキン最新さいしんモデルや試作しさくちゅう自動車じどうしゃ展示てんじする北京ペキン国際こくさいモーターショーがひらかれました。注目ちゅうもくされたのは、やはり電気自動車でんきじどうしゃです。

 中国ちゅうごく地球温暖化ちきゅうおんだんか大気汚染たいきおせん対策たいさくのため、電気自動車でんきじどうしゃなど「しんエネルギーしゃ」の割合わりあい大幅おおはばやす計画けいかくてています。2025ねんにはまちはしる4だいに1だいを「しんエネルギーしゃ」にすることが目標もくひょうだそうです。

 そのため、いま中国ちゅうごくでは400から600ともわれるかず電気でんき自動車じどうしゃメーカーが開発かいはつ競争きょうそうつづけています。デザインりょく技術力ぎじゅつりょく先頭せんとうはしくるまひとつが、「NIOニオ上海シャンハイ蔚来うらい汽車きしゃ)」の自動車じどうしゃです=写真しゃしん<上>(うえ)。モーターショーでも、おおくの家族連かぞくづれや若者わかものがシートのすわ心地ごこちためしていました。

 日本車にほんしゃでも、トヨタのレクサスが未来みらい感覚かんかくあふれた試作しさくしゃ展示てんじして人気にんきあつめていました=写真しゃしん<下>(した)。中国ちゅうごくではますます電気自動車でんきじどうしゃ開発かいはつ競争きょうそうはげしさをしそうです。【北京ペキン米村耕一よねむらこういち写真しゃしんも】


国名こくめい 中華人民共和国ちゅうかじんみんきょうわこく

首都しゅと 北京ペキン

面積めんせき やく960まん平方へいほうキロメートル

人口じんこう やく14おくにん(2019ねん

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです