メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
胆振東部地震2年

復興住宅30戸完成 25世帯に新居の鍵 むかわ町 /北海道

竹中町長(左)から鍵を受け取る下谷内さん=北海道むかわ町で2020年10月30日、平山公崇撮影

 胆振東部地震で自宅を失った人たちのためにむかわ町が整備していた復興住宅30戸が30日完成し、町は仮設住宅などで暮らす25世帯に新居の鍵を渡した。

 2LDKと3LDKの住宅からなり、うち8戸は災害で住宅を失い、自ら住宅を確保することが困難な人のため国の助成を受けて整備した災害公営住宅。いずれもバリアフリーとな…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです