メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北見からカーリング「世界一へ」 通年稼働施設オープン 競技人口拡大に期待 /北海道

一般開放初日にさっそく練習で新カーリングホールの氷の感触を確かめる北海道北見市のチーム=北見市で2020年10月31日午後5時11分、本多竹志撮影

 平昌五輪のカーリングで男女通じて初の銅メダルを獲得した女子チーム「ロコ・ソラーレ」が拠点にする北見市に、新しいカーリング専用施設「アルゴグラフィックス北見カーリングホール」が31日、オープンした。通年稼働の専用施設は国内でも数少なく、市内で2カ所目。多くの五輪代表を輩出したカーリングの街で、ジュニア世代の育成や競技人口の拡大への貢献が期待されている。

 カーリングは1980年、合併前の旧常呂町にカナダから紹介され、88年に国内初の屋内専用施設が誕生。北見市に95年に民間の施設ができ、地域のカーリング熱を支えた。92年のアルベールビルと長野以降の冬季五輪に代表を送り出し、ロコ・ソラーレの銅でカーリングの街として知名度は全国区になった。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです