メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・秋田工8連覇 女子・秋田北鷹V2 両監督・主将の話 /秋田

[PR]

勝ち切れよかった 秋田工・高橋正仁監督

 コロナ禍で思うように練習ができないなど苦しい大会だったが、勝ち切ることができてよかった。7人ともよく頑張ってくれた。

いい走りだった 秋田工・中川雄太主将

 けがで走ることができなかったが、設定した時間より1分も早く帰ってきてくれた。いい走りだった。都大路では昨年更新した県記録を塗り替えたい。

最後まで粘れた 秋田北鷹・高橋敏治監督

 都大路経験者3人がいて落ち着けた半面、プレッシャーもあったが最後まで粘ってくれた。全国ではもっとスピードを上げられるように練習していく。

思いをつなげた 秋田北鷹・阿部優華主将

 全員がしっかり思いをつなげた。新型コロナの影響があったが、意識を高め合って練習してきた。都大路では笑顔を届けられるような走りをしたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです