秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 常総学院、決勝へ きょう健大高崎と対戦 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大甲府-常総学院】五回裏常総学院無死一、三塁、田辺のセカンドゴロの間に三塁走者・青木(左)が生還(捕手・三浦)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
【東海大甲府-常総学院】五回裏常総学院無死一、三塁、田辺のセカンドゴロの間に三塁走者・青木(左)が生還(捕手・三浦)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は10月31日、千葉県野球場で準決勝2試合があった。常総学院(茨城2位)は東海大甲府(山梨1位)に10―0で六回コールド勝ちし、健大高崎(群馬1位)と共に決勝進出を決めた。決勝は1日午前10時から同球場で行われる。【長屋美乃里】

着々加点し大勝

 <千葉県野球場>

 ▽準決勝

東海大甲府 000000=0

常総学院  100414=10

 (六回コールド)

【東海大甲府-常総学院】四回裏常総学院2死一、二塁、伊藤琢が右中間へ2点適時三塁打を放つ。伊藤琢はこの試合、4打数3安打の猛打=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
【東海大甲府-常総学院】四回裏常総学院2死一、二塁、伊藤琢が右中間へ2点適時三塁打を放つ。伊藤琢はこの試合、4打数3安打の猛打=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 常総学院が試合の流れを渡さなかった。一回に青木の適時打などで先制後、四回に伊藤琢の三塁打などで4点、五回に柴田の安打などで1点と着々と加点。六回には塙の二塁打などで4点を追加して大勝した。東海大甲府は常総学院の先発・大川に1安打に封じられた。

猛打で毎回得点

 ▽準決勝

専大松戸 0000020=2

健大高崎 1111311=9

 (七回コールド)

 健大高崎は初回に先制すると、小澤が2点本塁打を放つなど好調な打線で毎回得点を挙げ、七回に綱川の本塁打で勝負を決した。専大松戸は六回、吉岡の適時打などで一矢報いるも、打線がつながらなかった。


常総学院・大川慈英投手(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
常総学院・大川慈英投手(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 ■ズーム

エースへ、自信つかめ 常総学院・大川慈英投手(2年)

 得点板さえ振り返らず、目の前の打者だけに集中した。武器の直球が走る。被安打1で零封する堂々たる投球だった。

 この試合に期するものがあった。最速146キロの直球がありながら、チームでは2番手投手。関東大会で初めてマウンドに立てたのは2回戦(準々決勝)の九回だったが、三塁打などを浴びて1点を許した。八回まではエースの秋本璃空投手(2年)が無失点に抑えていただけに申し訳なかった。「ただ投げてしまった」

 準決勝も二回までは四球を与えるなど力みがあった。すると捕手の田辺広大主将(2年)が助言してくれた。「力を抜いて腕をふれ」。それで、すっと力みが消えて投げきれた。

 エースの秋本投手と控えの自分。「勝っているのは球速だけ」と、差は自覚している。島田直也監督も「速い球があるのに、まだ投球ぶりに自信がないように見える」と語る。

 だがその自信をつかめるかもしれない。「秋本に隠れていたから、秘めていたものはある」と島田監督も奮起に期待する。自らも「直球のキレや、変化球の精度をあげる」ことを目標に掲げる。その先に背番号1を着けた自分の姿がある。

 決勝に向け力強く話した。「落ち着くことを全員で意識して勝ちたい」【長屋美乃里】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい