秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 健大高崎、5本塁打 きょう常総学院と決勝 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は31日、千葉県野球場(千葉市稲毛区)で準決勝2試合があり、健大高崎(群馬1位)が専大松戸(千葉3位)を七回コールドで降し、圧勝した。健大高崎は5本塁打をマークするなど打線が爆発した。

 茨城2位の常総学院も、東海大甲府(山梨1位)にコールド勝ち。決勝は、1日午前10時から同球場で行われる。【川地隆史】

毎回得点で圧勝

 <千葉県野球場>

 ▽準決勝

専大松戸 0000020=2

健大高崎 1111311=9

 (七回コールド)

 健大高崎が5本塁打を放ち、打撃で圧倒した。初回1死満塁、三ゴロの間に堀江が生還して先制。小沢が五回に2点本塁打、綱川が七回に今大会2号のソロを放つなど、毎回得点を重ねた。先発・野中は5回を投げ、無失点。三つの併殺を記録するなど守備も安定し、専大松戸打線を2点に抑えた。


 ■ズーム

バット振り込み勝負強く 健大高崎・桜井歩夢内野手(2年)

 三回1死走者なしの場面で放った打球が左翼席に吸い込まれた。この日、5本塁打をマークした健大高崎の猛打の口火を切った。

 県大会と関東大会準々決勝までの打率は6割超。「今年は打撃が強力」(青柳博文監督)というチームで、主軸として申し分ない活躍を見せている。

 だが、入部当初から順風満帆だったわけではない。1、2年を担当する赤堀佳敬コーチはかつての桜井を「モノは良かったが、追い込めない性格。勝負弱かった」と振り返る。

 転機となったのは、秋からの新チームで3番を任されたことだった。「打撃が強いチームでの自分の役目は後ろにつなぐこと」。納得いくまでバットを振り込み、自分を追い込んだ。赤堀コーチも「あの時から目の色が変わった」と評価する。

 決勝進出をかけたこの日の相手は専大松戸。動体視力を高めるために、顔の前に立てた親指を交互に目で追うルーティンを済ませ、打席に入った。第2打席、追い込まれた後の5球目、高めの直球をスタンドにたたき込んだ。「いいところを取っちゃった」。2年生全員で計200本目の本塁打だった。

 次戦は関東大会連覇がかかる常総学院との一戦。「去年優勝した先輩と肩を並べたい」【川地隆史】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい