秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 専大松戸、準決勝敗退 きょう決勝、健大高崎VS常総学院 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【専大松戸-健大高崎】六回表専大松戸無死一、三塁、吉岡の適時打で1点を返し、喜ぶ専大松戸の選手たち=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
【専大松戸-健大高崎】六回表専大松戸無死一、三塁、吉岡の適時打で1点を返し、喜ぶ専大松戸の選手たち=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は10月31日、千葉市稲毛区の県野球場で準決勝2試合があり、専大松戸(千葉3位)は健大高崎(群馬1位)と対戦し、9-2の七回コールドで敗れた。準決勝のもう1試合では、常総学院(茨城2位)が東海大甲府(山梨1位)を降した。決勝は1日午前10時に同球場で行われる。原則、無観客試合で実施される。【長沼辰哉】

六回一矢報いる

 <千葉県野球場>

 ▽準決勝

専大松戸 0000020=2

健大高崎 1111311=9

 (七回コールド)

 健大高崎は初回に先制すると、小沢が2点本塁打を放つなど好調な打線で毎回得点を挙げ、七回に綱川のサヨナラ本塁打で勝負を決した。専大松戸は六回、吉岡の適時打などで一矢報いるも、打線がつながらなかった。

常総学院が完封

 <千葉県野球場>

 ▽準決勝

東海大甲府 000000=0

常総学院  100414=10

 (六回コールド)

 常総学院は一回、青木の適時打で先制し、四回に伊藤琢の2点三塁打などで4点を加えた。六回は塙の2点二塁打で10点差としてコールド勝ちを収めた。大川は球威があり、被安打1で完封した。東海大甲府は3併殺打と二塁を踏めなかった。


専大松戸・吉岡道泰外野手(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
専大松戸・吉岡道泰外野手(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 ■ズーム

好機に意地の適時打 専大松戸・吉岡道泰外野手(2年)

 県大会では、チャンスの場面で「自分が打たなければ」と力が入り、打撃が振るわないこともあった。東京学館に敗れた県大会準決勝では5打数1安打に終わった。千葉3位として関東大会出場を決めてからは、自分のメンタリティーを鍛え直した。「逆方向に強い打球を打って、次につなげる」。1発を狙うバッティングではなく、憧れる元メジャーリーガーのイチローさんのような「つなげるバッティング」を強く意識して練習に打ち込んだ。

 7点差をつけられて迎えた六回表、1年生2人が好機を作り、無死一、三塁で打順が回ってきた。「何としてもつないでモノにしないと」という思いで打席に立つ。1ボール2ストライクに追い込まれた4球目、真ん中低めの直球を引っ張ると、打球は一、二塁間を抜けた。意地のタイムリーヒットだった。

 試合後、「関東大会で打席での意識が大きく成長できた」と振り返り、その目に涙はなかった。「これまでの試合で反省点が見えた。来シーズンに向けて自分たちの打ち勝つ野球を目指していきたい」と話し、来春の躍進を誓った。【長沼辰哉】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい