秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大甲府、決勝逃す 常総学院に大量失点 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大甲府-常総学院】五回の守りを終え、笑顔でベンチに戻る東海大甲府の2番手・山口(左)と遊撃手・中沢=千葉市稲毛区の千葉県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
【東海大甲府-常総学院】五回の守りを終え、笑顔でベンチに戻る東海大甲府の2番手・山口(左)と遊撃手・中沢=千葉市稲毛区の千葉県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は10月31日、千葉市の千葉県野球場で準決勝2試合が行われた。31年ぶりの決勝進出を目指した山梨1位の東海大甲府は、常総学院(茨城2位)に0―10で六回コールド負けした。

 2年連続2回目の優勝を狙う健大高崎(群馬1位)は初出場の専大松戸(千葉3位)に9―2で七回コールド勝ちした。

 5年ぶりの決勝で20年ぶり3回目の優勝を目指す常総学院と健大高崎の決勝は11月1日午前10時から県野球場で行われる。【上鵜瀬浄】

打線対応できず

 <千葉県野球場>

 ▽準決勝

東海大甲府 000000=0

常総学院  100414=10

 (六回コールド)

 常総学院は一回、青木の適時打で先制し、四回に伊藤琢の2点三塁打などで4点を加えた。六回は塙の2点二塁打で10点差としてコールド勝ちを収めた。大川は球威があり、被安打1で完封した。東海大甲府は3併殺打と二塁を踏めなかった。


東海大甲府・三浦諒太主将(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影 拡大
東海大甲府・三浦諒太主将(2年)=千葉市稲毛区の県野球場で2020年10月31日、西夏生撮影

 ■ズーム

攻守のレベル差痛感 東海大甲府・三浦諒太主将(2年)

 六回に8点のリードを許し、なおも2死満塁とピンチが続いた。常総学院・塙の右中間を破る当たりで2者が生還し、試合は終わった。「試合中に何の声も出せなかった」と、主将として捕手としてチームを鼓舞できなかったことを反省した。

 先発した今大会初登板の左腕・加藤は一回に得意としていたけん制で2度ボークを取られて動揺した。「弱気になったら負け」と励ましたものの、バッテリーミスもあって一回に先取点を与える。四回には失策も絡んで4点を失った。

 打線は背番号10の大川の140キロ台の速球と低めのスライダーに対応できなかった。四死球と久井の左前打で3度出塁したが、いずれも後続が併殺に打ち取られた。

 エース左腕・若山とバッテリーを組んで夏の独自大会に続き、秋の県大会も制した。関東大会で2勝を挙げたが「甘くないことを思い知らされた」と、攻守のレベルアップの必要性を痛感した様子だった。【上鵜瀬浄】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい