秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 中京大中京、決勝進出 三重に七回コールド勝ち /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【三重-中京大中京】四回裏中京大中京2死満塁、満田の中前2点適時打でホームに滑り込む加藤=三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で2020年10月31日、川瀬慎一朗撮影 拡大
【三重-中京大中京】四回裏中京大中京2死満塁、満田の中前2点適時打でホームに滑り込む加藤=三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で2020年10月31日、川瀬慎一朗撮影

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は31日、三重県伊勢市のダイムスタジアム伊勢で準決勝2試合があった。県勢の中京大中京(愛知1位)は、三重(三重1位)を1安打に抑えて七回コールドで圧勝した。コールドでの決勝進出は、優勝した昨年に続き2年連続。決勝は11月1日午前10時から同球場であり、中京大中京は県岐阜商(岐阜1位)と対戦する。【川瀬慎一朗】

四回集中打4点

 <ダイムスタジアム伊勢>

 ▽準決勝

三重    0000000=0

中京大中京 000403×=7

 (七回コールド)

 (三)堀田、尾崎、近藤、尾崎、上野―服部

 (中)畔柳―加藤

▽二塁打 品川(三)原、辻(中)

 中京大中京は四回2死から満田、杉浦がともに中前2点適時打を放って先制。六回、原、辻の連続適時二塁打などで突き放した。先発・畔柳は7回11奪三振、被安打1の好投。三重はよく守ったが、打線が振るわなかった。


決勝戦をライブ配信

 秋季東海地区高校野球大会は無観客で開催されています。決勝は、「スポーツナビ」サイト内の「毎日新聞・高校野球秋季地区大会」ページのライブ配信で観戦できます。無料です。

あわせて読みたい