メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 智弁和歌山、男女V そろって都大路へ(その1) /和歌山

ゴールテープを切り、2連覇を決めた智弁和歌山の川手友希選手=日高川町で2020年10月31日、山本芳博撮影

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)の県予選が31日、日高川町の日高川周辺コースであった。男子は智弁和歌山が2時間12分14秒で2年連続2回目の優勝、女子も智弁和歌山が1時間12分39秒で初優勝を果たした。智弁和歌山の女子は全員が区間賞を獲得し、創部4年目で初めての栄冠を勝ち取った。同校は男女そろって12月20日に京都市で開催予定の全国大会へ出場する。県予選の上位6校は、11月22日に兵庫県南あわじ市で開催される近畿大会に出場することが決まった。

 ◆男子

伝統校、後半突き放す

 男子は創部4年目で前回優勝の智弁和歌山と伝統校の和歌山北が数秒差でたすきをつなぐ大接戦を繰り広げた。後半の3区間で粘る相手を突き放した智弁和歌山が、大会連覇を果たした。

 智弁和歌山の1区は中前吉広選手(2年)。昨年は故障でメンバー外だったが、今大会は最長の10キロ区間を任された。和歌山北に2秒遅れでたすきをつなぎ、「役割は果たせた」と笑顔を見せた。

 2区の宮本優希選手(1年)、3区の下津開生選手(3年)、4区の北山諒太選手(同)も和歌山北の選手と数秒差の接戦を演じた。

 差が開いたのは5区。春に故障し、10月に本格的に練習に復帰した久保亮太選手(2年)が区間賞を獲得する走りで、リードを23秒に広げた。「ラスト1キロはきつかったが、1秒でも差を広げることを意識した」

 6区の合川歩輝選手(1年)がさらに50秒差へと広げ、優勝へ弾みをつけた。「焦らずペースを守って走れた」と冷静に振り返った。

 全国へのゴールテープを切ったのは7区の川手友希選手(2年)。「折り返し地点からがきつかったが、沿道にチームメートの姿が見えて元気をもらえた。支えてくれた先輩に恩返しする気持ちで走り切った」と語った。【木村綾】


高校駅伝県予選・男子成績(○印は区間賞)

                1区       2区       3区        4区        5区       6区       7区

                (10キロ)    (3キロ)     (8.1075キロ) (8.0875キロ) (3キロ)     (5キロ)     (5キロ)

(1)智弁和歌山 2.12.14  中前       宮本      ○下津        北山       ○久保      ○合川      ○川手

                (31.55)   (8.47)  (24.48)   (26.56)    (8.55)  (15.25)  (15.28)

(2)和歌山北  2.13.11 ○芝辻      ○上田       上北        中村        恵中       安東       向井

                (31.53)   (8.45)  (24.51)   (26.59)    (9.16)  (15.52)  (15.35)

(3)田辺工   2.17.30  塩路       高垣       有本       ○安部        岩本       大家       寺井

                (32.19)   (9.26)  (26.27)   (26.29)    (9.26)  (16.27)  (16.56)

(4)日高    2.24.05  三原       大江       浜口        福居        原        和田       栗林

                (32.47)  (10.00)  (28.33)   (27.34)   (10.18)  (17.22)  (17.31)

(5)和歌山工  2.24.31  江川       黒川       奥村        山本        徳留       谷本       片畑

                (34.01)  (10.40)  (27.22)   (28.04)   (10.25)  (17.15)  (16.44)

(6)南部    2.25.32  松本凪      榎本       溝口        由良        松浦       坂内       松本虎

                (33.00)  (11.31)  (27.40)   (28.08)   (11.34)  (17.50)  (15.49)

(7)田辺    2.27.08  桑畑       池本       大地        目良        清水       平井       佐多

                (35.56)  (10.12)  (27.49)   (28.53)   (10.13)  (17.06)  (16.59)

(8)熊野    2.27.22  五味       谷口       深海        岩城        古久保      溝口       田上

                (35.11)  (10.09)  (28.01)   (28.41)   (10.25)  (17.24)  (17.31)

(9)新宮    2.31.45  生熊       寺本       福沢        小林        奥村       岩見       柴原

                (35.26)  (10.33)  (28.31)   (30.26)   (11.09)  (18.02)  (17.38)

(10)紀央館   2.32.33  溝口       秦        湯川        市川        北岡       福田       夏見

                (35.59)  (10.08)  (29.01)   (29.48)   (10.30)  (18.41)  (18.26)

(11)海南    2.34.39  橋本       宮本       露口        新田        森脇       丸山       森下

                (37.34)  (10.26)  (28.53)   (30.55)   (11.09)  (17.27)  (18.15)

(12)近大和歌山 2.41.46  池尻       福井       水口        中根        泉谷       福嶋       平川

                (35.21)  (11.34)  (34.23)   (30.30)   (11.33)  (19.04)  (19.21)

(13)和歌山商  2.43.43  山下       森山       川井        川口        糸野       上        島田

                (37.45)  (11.33)  (31.28)   (31.24)   (11.49)  (19.47)  (19.57)

 以下はオープン参加(記録は参考)

和歌山北OPA 2.25.27 和歌山北OPB 2.28.05 向陽・星林 2.39.30

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです