メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 智弁和歌山、男女V そろって都大路へ(その2止) /和歌山

初優勝となるゴールテープを切る智弁和歌山の楠本凪選手=日高川町で、木村綾撮影

[PR]

 ◆女子

全員区間賞で初栄冠

 智弁和歌山は、新型コロナウイルスの影響で各種大会が中止となる中、夏場に走り込んでスピードやスタミナを強化したという。大会当日はベストメンバーで臨み、全員区間賞の走りでライバルの和歌山北の壁を越えた。

 1区は、直前の大会で3000メートル走9分55秒の自己ベストを出した福居夏帆選手(3年)。2年連続の1区起用で「昨年は和歌山北の1区に負けて悔しかった。今年は調子もよく、雪辱できてうれしい」と振り返った。2位に41秒の差をつけ、チームに一気に流れを呼び込んだ。

 2区の瀬戸朱莉(あかり)選手(2年)も3000メートル9分54秒と自己ベストを更新して臨んだ。「しっかりと走ることができた」とリードを広げた。

 3区の小倉侑々(ゆう)選手(1年)は「先輩たちが2位を離してくれたので、自信を持って安心して走れた」と話し、さらに2位を引き離した。

 4区の八幡羽生(うい)選手(2年)は「夏に強化できたので、今日はほぼ目標タイム通り走れた」と安定した走りを見せた。

 5区の楠本凪(なぎ)選手(3年)も好調で大会に臨み、「2位と差があったのでリラックスして走れた」と後続を寄せ付けず、悲願の全国の切符を手にした。【山本芳博】


高校駅伝県予選・女子成績(○印は区間賞)

               1区         2区          3区       4区       5区

               (6キロ)       (4.0975キロ)   (3キロ)     (3キロ)     (5キロ)

(1)智弁和歌山 1.12.39 ○福居       ○瀬戸         ○小倉      ○八幡      ○楠本

                (20.42)   (13.49)     (10.26)  (10.27)  (17.15)

(2)和歌山北  1.14.37  前田        大沼          古田       山田       楠本

                (21.23)   (14.30)     (10.34)  (10.28)  (17.42)

(3)海南    1.22.54  細野        古賀          谷        渕川       木下

                (23.17)   (16.15)     (11.58)  (11.43)  (19.41)

(4)向陽    1.25.26  柏木        福田          後藤       福岡       西谷

                (23.21)   (16.27)     (11.50)  (13.04)  (20.44)

(5)日高    1.25.37  中西        池本          加納       武内       谷口

                (23.35)   (17.17)     (12.07)  (11.50)  (20.48)

(6)和歌山商  1.26.20   西井       門           丸石       森下       硲

                (25.21)   (16.53)     (11.59)  (11.59)  (20.08)

(7)南部    1.28.42   前岩       植野          寒川       土井       岡田

                (24.09)   (17.29)     (12.49)  (13.53)  (20.22)

(8)紀央館   1.34.31   津村       小池          松本       室        野田

                (25.37)   (19.32)     (14.04)  (12.59)  (22.19)

(9)和歌山信愛 1.40.41   辻本       橋中          森本       得能       横出

                (26.48)   (20.16)     (15.14)  (13.29)  (24.54)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです