秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 準決勝 聖カタ、サヨナラ勝ち 聖カタリナ学園、小松 両監督の話 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

リズム良かった 聖カタリナ学園・越智良平監督

 疲れました。堀越(璃雄選手)は悔しい思いもあっただろうが、勇気を持ってよくバットを出してくれた。桜井(頼之介投手)は(五回に)捕手を代えてからリズムが良くなった。

良い試合できた 小松・宇佐美秀文監督

 中盤以降、ノーアウトからよくしのげるようになった。勝敗を分けたのはバントと走塁。良い試合はできた。勝たせてやりたかったしチャンスはあった。負けたのは仕方が無い。

あわせて読みたい