メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

熊本予選 男子・九州学院、2年ぶり35回目V 女子・千原台、3年連続19回目V /熊本

笑顔でフィニッシュする九州学院の木実選手

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の熊本県予選が31日、熊本市東区の県民総合運動公園周回コースであった。男子(7区間、33・62キロ)は37校が出場し、九州学院が1時間35分58秒で2年ぶり35回目の優勝を果たした。25校で競った女子(5区間、18・556キロ)は、千原台が58分20秒で3年連続19回目の優勝を飾った。両校は、12月20日に京都市で開かれる全国大会に出場する。今回は新型コロナウイルスの感染防止のため、男女共に例年より距離が短縮され、コース周辺の応援なども制限された。【栗栖由喜、清水晃平】

男子・九州学院 2年ぶり35回目

 昨年、大会14連覇の記録が途絶えた強豪・九州学院がレース序盤で千原台を振り切り、2年ぶりの頂点に返り咲いた。

 1区の鶴川正也選手(3年)は、千原台とのデッドヒートの末、僅差の2位でタスキをつないだ。2区の黒木陽向選手(2年)は「1秒でも削り出したかった」と区間賞の走りで差を広げた。

 「勝負をつけろ」。3区の田島公太郎選手(3年)は、そんな監督の指示に応えるように、2位と38秒差をつける攻めの走り。以降、最終7区までペースを上げ、独走態勢を築いた。

 アンカーの木実優斗選手(3年)は、けがで出場できなかった親友の溝上稜斗主将(3年)を思い「キャプテンを全国へ!!」と記した左腕を広げ、笑顔でフィニッシュを決めた。

女子・千原台 3年連続19回目

1位でフィニッシュする千原台の山下選手

 千原台が序盤から一度も首位を譲らず、3連覇を果たした。最長エース区間の1区は昨年も都大路を走った主将の新垣聖那(せいな)選手(3年)が「ここで流れをつくる」と終始先頭でレースを引っ張った。

 2区はチームの準エース、池田こまち選手(2年)が2位との差を広げ3区へ。続く境田百花選手(1年)は「後ろの選手が気になったが、絶対に1位で次につなぐ」と粘りの走りを見せた。

 4区の西村美月選手(1年)は「無心で体を前に押していく気持ち」でアンカーにタスキをつないだ。最終5区は昨年1年生ながら都大路を経験した山下彩菜選手(2年)が「苦手な上り坂でピッチを落とさず、下りでペースを上げた」と好走し、ゴールテープに飛び込んだ。


 ◆男子

上位成績◇

(1)九州学院 1時間35分58秒

(鶴川正也、黒木陽向、田島公太郎、永井駿、森大綺、竹割真、木実優斗)

(2)千原台  1時間37分29秒

(3)熊本工  1時間38分39秒

(4)開新(5)慶誠(6)球磨工(7)熊本国府(8)宇土(9)第二(10)水俣

区間賞◇

1区7.932キロ 堀田晟礼(千原台3年)   23分31秒

2区2.448キロ 黒木陽向(九州学院2年)   6分13秒

3区6.104キロ 田島公太郎(九州学院3年) 17分34秒

4区6.104キロ 冨田幸音(開新3年)    17分54秒

5区2.448キロ 森大綺(九州学院3年)    6分32秒

6区4.276キロ 竹割真(九州学院2年)   12分02秒

7区4.308キロ 高潮瑛(千原台2年)    11分57秒


 ◆女子

上位成績◇

(1)千原台    58分20秒

(新垣聖那、池田こまち、境田百花、西村美月、山下彩菜)

(2)ルーテル学院 58分36秒

(3)東海大星翔  59分47秒

(4)熊本信愛(5)文徳(6)開新(7)有明(8)尚絅(9)済々黌(10)熊本工

区間賞◇

1区5.076キロ 新垣聖那(千原台3年)    16分 1秒

2区4.276キロ 川野朱莉(ルーテル学院3年) 13分34秒

3区2.448キロ 境田百花(千原台1年)     7分15秒

4区2.448キロ 中村日菜多(ルーテル学院1年) 7分29秒

5区4.308キロ 大保桜(ルーテル学院3年)  13分41秒

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです