九州高校野球

九州地区高校野球大会 延岡学園サヨナラ勝ち 神村学園も準々決勝へ 開新は敗退 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【唐津商-神村学園】一回裏神村学園無死一、三塁、甲斐田絋整選手(2年)がスクイズを決め、2点目 拡大
【唐津商-神村学園】一回裏神村学園無死一、三塁、甲斐田絋整選手(2年)がスクイズを決め、2点目
【沖縄尚学-延岡学園】延長十二回裏延岡学園、2死二塁から尼崎莉玖斗選手のサヨナラ打で大喜びする選手たち 拡大
【沖縄尚学-延岡学園】延長十二回裏延岡学園、2死二塁から尼崎莉玖斗選手のサヨナラ打で大喜びする選手たち

 第147回九州地区高校野球大会は31日、長崎市の長崎県営野球場などで開幕、1回戦4試合があった。神村学園(鹿児島)は唐津商(佐賀)に5―1で勝った。延岡学園(宮崎)は延長十二回、沖縄尚学(沖縄)に6―5でサヨナラ勝ち。ともに準々決勝に進出した。一方、開新(熊本)は大崎(長崎)に2―9で敗れた。1日は、宮崎商(宮崎)が長崎日大(長崎)▽樟南(鹿児島)が東明館(佐賀)▽東海大星翔(熊本)が具志川商(沖縄)――と対戦する。【中山敦貴、井上和也】

 ▽1回戦

沖縄尚学

  100020020000=5

  100001021001=6

延岡学園

 (延長十二回)

 (沖)後間、仲宗根大、豊田―前盛

 (延)須藤、市原―甲斐

▽三塁打 長浜(沖)赤木(延)

▽二塁打 仲宗根皐(沖)広本、尼崎(延)

 終盤に粘りをみせた延岡学園がサヨナラ勝ち。5―5で迎えた十二回、2死二塁から尼崎莉玖斗選手の中越え適時二塁打で延長戦を制した。沖縄尚学は先手先手で攻めながら14残塁の拙攻と守りのミスも響いた。

唐津商

  000100000=1

  30100100×=5

神村学園

 (唐)原、桑原―片渕

 (神)内堀、泰―中島

▽二塁打 片渕(唐)西村(神)

 神村学園は一回、四球で好機を広げ、適時打2本と犠打で一挙3点。その後も4盗塁と機動力を絡めながら着実に加点した。唐津商は四回、適時打で1点を返し、終盤に再三、得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。

開新 20000000=2

大崎 00120501=9

 (八回コールド)

 (開)麓、竹浦―村上

 (大)坂本―調

▽三塁打 山口、調(大)

 投打がかみ合った大崎がコールド勝ち。1点を追う四回、山口剛大選手の左前2点適時打で逆転。六回に5点を奪って突き放し、八回の1点で試合を決めた。開新は一回に2点を先制したものの、二回以降は打線が沈黙した。

あわせて読みたい