連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

来日30年、障害者らと共に(その2止) 「ここだけの味」追求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山の急斜面を緑のじゅうたんのように覆うブドウ畑に立つブルース・ガットラブさん
山の急斜面を緑のじゅうたんのように覆うブドウ畑に立つブルース・ガットラブさん

 

 ◆日本ワインを変えた男

失敗、衝突乗り越え

 色あせたシャツとジーンズ姿が周囲に溶け込んでいた。「ここは、ワイン造りを探求する場なんです」と話すのは、ブルース・ガットラブさん(58)。背後には、山の急斜面を緑のじゅうたんのように覆うブドウ畑が広がる。栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」は夏の盛りだった。この場所で、ブルースさんは2009年まで20年間、ワインを醸した。今もワイナリーの取締役を務める。日本での「原点」だ。

 ワイン造りを担うのは知的障害者の入所施設「こころみ学園」の園生たち。今年7月、久しぶりに園を訪れたブルースさんは笑顔で園生と再会を祝い合った。

この記事は有料記事です。

残り4756文字(全文5043文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集