メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

スマホで遊びたい 80歳超え、アプリ開発

パソコンに向かう若宮正子さん=神奈川県藤沢市の自宅で、丸山博撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 新型コロナウイルス禍で変わる生活様式。社会のリモート化が進む中、スマートフォン(スマホ)を使う機会も増えた。ただ、デジタルスキルの乏しい高齢者はスマホを使いこなせているのか。アプリの開発まで手がける「スマホの達人」に、デジタル時代を楽しく生きる極意を聞いた。

 「この洋服、私がデザインしたの」。群青色の生地にバラが映えるブラウスに身を包む若宮正子さん(85)がほほえんだ。データ計算やグラフ作成ができるエクセルソフトを駆使して図柄を作成。愛用する服の多くは、自らデザインしたオリジナルだ。

 定年退職をきっかけに、パソコンを購入。親の介護で外出がままならない中、「パソコンさえあればいろいろな人とおしゃべりできる」と考えた。ネット上で交流の輪を広げ、「マーチャン」の愛称で親しまれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 「チームを引っ張るはずが、足を引っ張っていた」は過去の話 パナソニック主将・法兼 都市対抗

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「吹田の戦争遺跡をめぐる」発行記念 歴史学び、当事者性持って 執筆者・塚崎さん講師に学習会 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです