メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

作家・五木寛之さん 「他力」感じた引き揚げ体験

=東京都港区で、藤井太郎撮影

作家・五木寛之(いつき・ひろゆき)さん

 半世紀以上にわたって小説、エッセー、作詞など多方面で活躍してきた作家の五木寛之さん(88)は、運命の力に逆らわない生き方を貫いてきた。子供の頃の過酷な敗戦体験が、原点の一つとして人格形成に大きな影響を及ぼしている。

 「敗戦は原点というより後遺症みたいなものを深く残している。でも敗戦と引き揚げ体験については、あまり話したくないんです。お涙頂戴になっちゃうから。できるだけ、苦労話はしないというのが基本姿勢です」

 五木さんは両親とも教師の家庭に生まれ、父親が朝鮮半島の学校に赴任するのに合わせて幼少期に一家で海を渡った。12歳の時に、日本が植民地として支配していた平壌で敗戦を迎え、間もなくソ連軍が進駐。その土地で母親を亡くした後、父親と2人で博多に引き揚げる。

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです