メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竈門も不死川も産屋敷も… 鬼滅キャラ名字はんこ「あるよ」 福岡の専門店

「鬼滅の刃」に登場する珍しい名字と同じはんこ。手前はその印影=福岡市東区で2020年10月29日、田鍋公也撮影

 竈門(かまど)、我妻(あがつま)、不死川(しなずがわ)、産屋敷(うぶやしき)――。公開中の映画で記録的なヒットを続ける人気漫画「鬼滅の刃」は、登場人物の難しい名字も魅力の一つだ。そんな名前が実在するのか。足は3年前に取材した福岡市東区のはんこ専門店に向かっていた。「日本一の品ぞろえ」でテレビでも話題の「はんのひでしま」。再会のあいさつもそこそこに「鬼滅の」と切り出すと、店主の秀島徹さん(73)は造作なく言った。「あるよ」

 創業約90年の老舗。開店当時は店の近くに福岡市へ編入する前の旧箱崎町の役場があり、秀島さんの父が「はんこを忘れた来庁者の助けになれば」と思ったのが始まりだ。秀島さんは高度経済成長期の1970年代に店を継いだ。営業に走り回る保険や車のセールスマンが「この名字の印鑑ありますか」とよく飛び込んできた。どんな名字でも「あるよ」と言いたい。その思いで今は「ない名前はない」と言えるくらい、約8坪の店に認め印…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. NTT東日本が2点追加 火ノ浦が犠牲フライ 四国銀をリード 都市対抗

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. 労働審判口外禁止は「違法」 長崎地裁が初判断「原告に過大負担」 全国に影響も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです