メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「SL鬼滅の刃」運行開始 映画と同じ「無限」のプレート装着 JR九州

 JR九州は1日、全国で記録的なヒットとなっているアニメ映画「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』無限列車編」とコラボした臨時列車「SL鬼滅の刃」の運行を始めた。作品の世界観を再現するため、映画に登場する蒸気機関車と同じ「無限」のプレートを装着した特別仕様車で、23日までの土日祝日の計5日間、熊本発博多行きで1日1本運行する。既に全席が完売している。

 臨時列車は1日午後1時ごろに福岡市の博多駅に到着し、ホームでは多くのファンが出迎えた。映画に登場する機関車のモデルとされる8620形の現役で最も古い「SL人吉」(1922年製)が、7月の九州豪雨の影響で運休中のため臨時列車に転用した。客車内にはAR(拡張現実)技術で「鬼滅」の人気キャラと一緒に撮影できるスポットもある。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです