スーパーボランティア尾畠さんに緑綬褒章 「自分のやりたいことやってきただけ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緑綬褒章に決まった尾畠春夫さん=大分県日出町で2020年10月28日午後8時27分、辻本知大撮影
緑綬褒章に決まった尾畠春夫さん=大分県日出町で2020年10月28日午後8時27分、辻本知大撮影

 「うれしくも悲しくもない。平常心です。自分のやりたいことを、やってきただけだから」。緑綬褒章の知らせを受けても、いつも通り屈託のない表情だ。

 2018年8月、山口県で行方不明になった2歳男児を山中で見つけ、一躍有名になった。大分県日出町から1人でボランティアとして駆け付け、捜索する警察よりも先に捜し出し「スーパーボランティア」の愛称で親しまれるように。

 トレードマークの赤い鉢巻きにオレンジ色のシャツ姿で被災現場に赴くと、歓声が上がることがある。「ワシはスーパーボランティアなんて言われてるけど、スーパーでもコンビニでもなく元魚屋なんだけどね」。アハハと豪快に笑う。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集