「悔しさよりもよく走ったという思い」2連覇逃した東海大・両角監督 全日本大学駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第52回全日本大学駅伝で、1区を力走する選手たち=名古屋市港区で2020年11月1日(代表撮影)
第52回全日本大学駅伝で、1区を力走する選手たち=名古屋市港区で2020年11月1日(代表撮影)

 今季の大学3大駅伝初戦となる全日本大学駅伝は1日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8キロに25校が参加して行われ、駒大が5時間11分8秒の大会新記録で6年ぶり13回目の優勝を果たした。2連覇を目指した東海大は23秒差の2位だった。(記録は速報値)

東海大・両角速監督

 (8区の)名取がやってくれると思ったが…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文302文字)

あわせて読みたい

注目の特集