メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子はつるぎ、女子は富岡東が都大路へ 高校駅伝・徳島予選

腕を掲げトップでテープを切る、つるぎの山本航輝選手=徳島県鳴門市撫養町立岩のポカリスエットスタジアムで2020年11月1日、国本ようこ撮影

[PR]

 徳島県鳴門市で1日にあった男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選(県高体連、県教委、徳島陸上協会主催、毎日新聞徳島支局後援)で、男子はつるぎが2年ぶり29回目、女子は富岡東が15年ぶり9回目の全国大会出場を決めた。

両手を挙げて笑顔でフィニッシュする富岡東の久龍未空選手=徳島県鳴門市撫養町立岩のポカリスエットスタジアムで2020年11月1日、松山文音撮影

 全国大会は12月20日に京都市で開催される。【国本ようこ】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです