メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男女とも大分東明が優勝 高校駅伝・県予選

女子1位でテープを切った大分東明のスーサン・カモソ選手=大分市の大分スポーツ公園で2020年11月1日、津島史人撮影

[PR]

 男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の大分県予選が1日、大分市であり、男女ともに大分東明が優勝した。男子は10年連続19回目、女子は6年連続8回目の全国大会出場を決めた。

男子1位でゴールする大分東明の柴戸遼太選手=大分市の大分スポーツ公園で2020年11月1日、津島史人撮影

 両校は、12月20日に京都市で開かれる全国大会に大分県代表として出場する。【辻本知大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  2. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです