メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子は豊川が6連覇 女子は安城学園が初優勝 高校駅伝・愛知予選

笑顔でフィニッシュテープを切る安城学園の杉浦花音選手=愛知県一宮市の大野極楽寺公園で2020年11月1日、野村阿悠子撮影

[PR]

 愛知県一宮市で1日にあった男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会(県高体連主催、県・県教委・愛知陸協共催、毎日新聞社など後援)で、男子は豊川が6年連続7回目、女子は安城学園が初優勝を飾った。

1位でフィニッシュテープを切る豊川の大塚直哉選手=愛知県一宮市の大野極楽寺公園で2020年11月1日、井口慎太郎撮影

 愛知県代表の両校は、12月20日に京都市で開かれる男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)に出場する。【井口慎太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです