メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子は高岡向陵、女子は富山商が優勝 高校駅伝・富山県予選

トラック上で競り合う女子選手=富山市の富山県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日、青山郁子撮影

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会の富山県予選(県高体連、富山陸協主催、毎日新聞社後援)が1日、富山市の県総合運動公園陸上競技場であり、男子は高岡向陵が2年ぶり20回目、女子は富山商が29年連続29回目の優勝を果たした。いずれも富山県代表として、12月20日に京都市で開催予定の全国大会への出場権を得た。

トラックを力走する男子選手=富山市の富山県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日、高良駿輔撮影

 今年の富山県予選は新型コロナウイルス感染対策のため、例年実施している公道でのレースを断念。たすきをつながずに区間ごとのタイムを合計するトラックレースで実施した。【高良駿輔、青山郁子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです