メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子は大牟田、女子は北九州市立が優勝 高校駅伝福岡予選

1区(6キロ)で区間賞の走りを見せた北九州市立の酒井美玖選手=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で、2020年11月1日、大坪菜々美撮影

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の福岡県代表選考会が1日、福岡市博多区の博多の森陸上競技場であり、男子は大牟田が優勝し3年連続43回目、女子は北九州市立が優勝し2年ぶり10回目の全国大会出場を決めた。

 今年は新型コロナウイルス感染対策のため、たすきリレーをせずに区間ごとのトラックレースを実施、合計タイムで順位を決めた。

第71回全国高校駅伝競走大会福岡県代表選考会の2区で1位でフィニッシュする大牟田の花本史龍選手(手前)=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で2020年11月1日、下原知広撮影

 両校は福岡県代表として、12月20日に京都市で開催予定の全国大会に出場する。【下原知広、大坪菜々美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです