特集

全国高校駅伝2020

2020年12月20日に京都市で開かれる男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会のページです。

特集一覧

男子は大牟田、女子は北九州市立が優勝 高校駅伝福岡予選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1区(6キロ)で区間賞の走りを見せた北九州市立の酒井美玖選手=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で、2020年11月1日、大坪菜々美撮影 拡大
1区(6キロ)で区間賞の走りを見せた北九州市立の酒井美玖選手=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で、2020年11月1日、大坪菜々美撮影

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の福岡県代表選考会が1日、福岡市博多区の博多の森陸上競技場であり、男子は大牟田が優勝し3年連続43回目、女子は北九州市立が優勝し2年ぶり10回目の全国大会出場を決めた。

 今年は新型コロナウイルス感染対策のため、たすきリレーをせずに区間ごとのトラックレースを実施、合計タイムで順位を決めた。

第71回全国高校駅伝競走大会福岡県代表選考会の2区で1位でフィニッシュする大牟田の花本史龍選手(手前)=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で2020年11月1日、下原知広撮影 拡大
第71回全国高校駅伝競走大会福岡県代表選考会の2区で1位でフィニッシュする大牟田の花本史龍選手(手前)=福岡市博多区の博多の森陸上競技場で2020年11月1日、下原知広撮影

 両校は福岡県代表として、12月20日に京都市で開催予定の全国大会に出場する。【下原知広、大坪菜々美】

【全国高校駅伝2020】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集