追われて「ちょっと怖かった。よく頑張った」 ルメール騎手、アーモンドアイ8冠で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇賞・秋を制したクリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイ=東京都府中市の東京競馬場で2020年11月1日、宮間俊樹撮影
天皇賞・秋を制したクリストフ・ルメール騎乗のアーモンドアイ=東京都府中市の東京競馬場で2020年11月1日、宮間俊樹撮影

 中央競馬の第162回天皇賞・秋(GⅠ)は1日、東京都府中市の東京競馬場の芝2000メートルに12頭が出走して行われ、単勝1番人気のアーモンドアイ(5歳牝馬、クリストフ・ルメール騎乗)が1分57秒8で2連覇を果たし、中央競馬史上初の芝GⅠ8勝目(海外を含む)を挙げ、日本競馬界に新たな歴史を刻んだ。通算成績は海外を含めて14戦10勝。2着はフィエールマン、3着はクロノジェネシス。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文501文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集