秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 健大高崎V2 9-7で常総学院降す /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は1日、千葉市稲毛区の県野球場で決勝を行い、健大高崎(群馬1位)が延長十一回の末、常総学院(茨城2位)を9―7で降し、2年連続2回目の優勝を果たした。連覇達成は、第63~65回大会(2010~12年)を3連覇した浦和学院(埼玉)以来。5年ぶり4回目の決勝に進んだ常総学院は20年ぶり3回目の優勝を逃した。【大矢伸一】

延長で勝ち越し

 <県野球場>

 ▽決勝

健大高崎

  31001000202=9

  00001150000=7

常総学院

 (延長十一回)

 健大高崎は九回に堀江と桜井の適時二塁打で同点とし、延長十一回、堀江と小沢の右越えソロ本塁打で2点を勝ち越した。常総学院は七回に3点差を追いつき、三輪の2点二塁打でリードを奪ったが、守り切れなかった。

あわせて読みたい