メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子は高岡向陵2年ぶり、女子は富山商29年連続V /富山

29年連続29回目の県予選優勝を決めた富山商の女子チーム=富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日、青山郁子撮影

[PR]

 京都市で12月20日に開催予定の男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会(日本陸連、毎日新聞社など主催)の県予選(県高体連、富山陸協主催、毎日新聞社後援)が1日、富山市の県総合運動公園陸上競技場であった。男子は高岡向陵が2時間7分32秒で2年ぶり20回目の優勝。女子は富山商が1時間13分2秒で29年連続29回目の優勝を果たし、それぞれ全国大会の出場権を得た。

一斉にスタートする女子選手=富山市中田の県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日、青山郁子撮影

 今年は新型コロナウイルスの影響で、公道を使ったレースを断念。たすきをつながず、トラックを周回して区間ごとの合計タイムを競った。男子(7区間42キロ)は当初出場予定だった富山工が体調不良のため欠場し、12チームが参加。氷見はレース途中で棄権した。女子(5区間21キロ)は合同2チームを含む8チームが出場した。【高良駿輔、青山郁子】

 ◆男子

男子で2年ぶり20回目の優勝を果たした高岡向陵の選手=富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日午後4時18分、高良駿輔撮影

高岡向陵2年ぶり20回目 六つの区間賞

スタートする男子1区の選手=富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場で2020年11月1日午後0時10分、高良駿輔撮影

 全7区間のうち6区間で区間賞を取った高岡向陵が2年ぶりに全国大会の切符を手にした。

 1区、竹中博駿(3年)が他を寄せ付けない独走で2位の富山商に1分17秒差をつけた。2区の高木優輔(2年)、3区稲塚大祐(3年)、4区松田青空(3年)も力走し差を広げた。

 6区も宮川虎太朗(2年)が粘り強い走りで他チームを引き離した。最終7区はメンバー唯一の1年生、高森そらが富山商の2年生選手の背中を追う展開となった。プレッシャーもあってか、中盤以降は疲労で足が重くなり、差が開いた。しかし「気持ちで乗り切ろう」と終盤にラストスパートをかけ、3秒差で逆転した。総合タイム2時間7分32秒で優勝を飾った。

 2年連続の優勝を狙った富山商は終始、高岡向陵を追う苦しい展開。5区の田部央(2年)が唯一、高岡向陵の選手に競り勝ち、チーム唯一の区間賞で一矢報いた。

自分の走りする

 ○…「今度は自分たちの力で都大路に行く」。心に決めて厳しい練習に打ち込んだ。高岡向陵の竹中博駿主将(3年)は2年前の都大路を「3年生に連れて行ってもらった」と振り返る。ひたすらに都大路を夢見たが、昨年は富山商に敗れ2位。悔しさを胸に一日約20キロを走る練習で体力づくりに励んだ。たすきをつながない異例のレースは「少しさみしいが、全員の走る姿が見られるのはいい」と主将らしくチーム全体に気を配る。自身は1区を任され、「自分の走りで後ろを楽にさせたい」と、2位と1分17秒差を付けて区間賞。「全員で自分の走りをしたい」と2年ぶりの都大路を見据える。

 ◆女子

富山商29年連続29回目V 全区間で独走

 富山商が全員が区間賞を独占するなど圧倒的な力を見せつけた。

 新型コロナ対策の休校の影響で、部活動再開が6月にずれ込んだこともあり、ほとんどの選手は目標タイムに届かなかった。それでも1区・寺松歩穂(2年)は初の6キロレースだったが、2位に1分近い差をつけた。2区の柳瀬花乃(1年)は昨年の都大路での富山商の活躍に憧れて入部。初のトラックレースだったが「力不足を実感した」。3区・星野黒由唯(2年)も自己ベストに約10秒届かず「最後の1000メートルで弱さが出た。この悔しさを全国で晴らしたい」と反省する。

 4区は主将の日影柚月(3年)が意地を見せて、自己ベストを更新。「タスキをつなげず悲しかったが、最後の年なので悔いなく走ろうと思った。先輩には及ばないかもしれないが、全国では全員の力を出し切りたい」。アンカーは1年の谷純花。初めての大役を担い、プレッシャーで緊張したが、1位を死守した。

気持ち切らさず

 ○…富山商の日影柚月主将はチーム唯一の3年生。3年に進級した矢先のコロナ禍で、学校再開までの約2カ月間はずっと1人で監督から与えられたメニューをこなす日々を送った。全国高校総体(インターハイ)など大会も次々と中止となり、部活動再開後も全体練習は週2回程度。自宅近くの公園で黙々と走っていると「他のみんなはもっと早くなっているのでは」と不安に襲われる時もあったが、「高校駅伝があると言い聞かせ、気持ちを切らさないように走り続けた」。この日は狙い通りの走りで区間賞。「今のチームならいけると思っていた。よかった」と胸を張った。

富山商・阿閉主将「走り抜きます」 開始式で宣誓

 試合に先立ち、同陸上競技場で開始式があった。前年度優勝の富山商が優勝旗を返還。県高体連の田中宏育・陸上競技専門部長が「今までと違う形での開催となったが、今までの練習の成果を十二分に発揮し、思う存分走ってほしい」とあいさつ。富山商の阿閉一樹・男子主将が「正々堂々最後まで走り抜く」と選手宣誓した。

TeamHally アベックV クラブ対抗駅伝

 同時に行われた男子第44回、女子第37回県クラブ対抗駅伝競走大会の記録は次の通り。

 【男子】(全て2時間台)

 (1)TeamHallyA9分25秒(2)富山大A11分41秒(3)TeamHallyB22分5秒(4)ナウ連A24分33秒(5)いたち川ランニングクラブ25分23秒(6)富山大B26分12秒(7)ClubMSR30分27秒(8)ナウ連B34分25秒(9)富山高専34分55秒(10)万葉健友会39分22秒

 【女子】(全て1時間台)

 (1)TeamHally20分4秒(2)ClubMSR23分59秒(3)富山大B25分27秒(4)富山大A26分39秒


高校駅伝県予選・男子成績(○印は区間賞)

               1区       2区      3区         4区         5区       6区       7区

               (10キロ)    (3キロ)    (8キロ)       (8キロ)       (3キロ)     (5キロ)     (5キロ)

(1)高岡向陵 2.07.32 ○竹中      ○高木     ○稲塚        ○松田         原       ○宮川      ○高森

               (30.18)  (8.44)  (23.52)    (24.58)    (9.15)   (15.09)  (15.16)

(2)富山商  2.11.08  氷見       大田      山本         阿閉        ○田部       古川       勝山

               (31.35)  (9.02)  (25.11)    (25.36)    (8.55)   (15.30)  (15.19)

(3)高岡商  2.15.42  坂本       木原和     木原朋        前田         岡田       木村       小菊

               (31.45)  (8.48)  (26.06)    (27.21)    (9.37)   (16.18)  (15.47)

(4)龍谷富山 2.22.51  岩田       矢田      永田         今田         加藤       早川       宮崎

               (34.15)  (10.27)  (27.12)    (27.20)   (10.34)  (17.05)  (15.58)

(5)南砺福野 2.27.10  岡本       長尾      森田         冨田         岩城       杉本       田中

               (33.32)  (10.15)  (29.02)    (29.27)   (10.31)  (17.06)  (17.17)

(6)高岡   2.27.33  源侑       岩坂      宮井         中野         中村       源佳       高橋

               (32.51)  (10.42)  (28.26)    (29.00)   (10.31)  (18.13)  (17.50)

(7)富山中部 2.28.28  道越       桑原      中川         浜田         秋元       伊藤       坂野

               (32.43)  (10.16)  (31.16)    (27.10)   (9.43)   (18.40)  (18.40)

(8)桜井   2.32.52  吉松       野川      中島         石田         山田       浦辺       広田

               (34.36)  (10.26)  (31.47)    (30.15)   (10.09)  (17.55)  (17.44)

(9)新川   2.39.42  宮崎       飛弾      古野         有磯         臼島       左川       稲崎

               (35.57)  (13.40)  (28.02)    (31.25)   (10.49)  (19.40)  (20.09)

(10)砺波   2.40.16  井口       吉藤      西能         水野         大窪       小松       石崎

               (37.13)  (11.27)  (29.12)    (31.41)   (12.01)  (20.57)  (17.45)

(11)高岡工芸 2.48.22  石川       広瀬      関野         上野         高寺       湶        塚越

               (36.40)  (11.34)  (33.04)    (33.19)   (10.58)  (20.18)  (22.29)


高校駅伝県予選・女子成績(○印は区間賞)

               1区       2区         3区       4区       5区

               (6キロ)     (4キロ)       (3キロ)     (3キロ)     (5キロ)

(1)富山商  1.13.02 ○寺松      ○柳瀬        ○星野黒     ○日影      ○谷

               (21.00)  (13.45)    (10.14)  (10.07)  (17.56)

(2)高岡商  1.18.21  藤田       松下         宮井       熊崎       赤池

               (21.53)  (14.07)    (11.10)  (12.04)  (19.07)

(3)水橋・  1.24.30  姫野       池淵         松原       稲垣       佐竹

 富山北部          (23.26)  (16.14)    (12.20)  (11.56)  (20.34)

(4)南砺福野 1.25.09  吉江       前田         渡辺       山本       三島

               (23.25)  (15.56)    (12.26)  (12.34)  (20.48)

(5)高岡・  1.27.33  高尾       服部         守内       堺        沖

 高岡西           (26.14)  (16.12)    (12.09)  (12.42)  (20.16)

(6)呉羽   1.28.50  佐藤       渡部         四柳       西薗       山森

               (25.32)  (16.53)    (12.37)  (11.59)  (21.49)

(7)氷見   1.34.42  浜下       池田         村        森田       前

               (26.00)  (18.03)    (12.19)  (14.24)  (23.56)

(8)富山中部 1.38.16  高畑       金井         土屋       原        田中

               (31.47)  (18.22)    (12.14)  (12.15)  (23.38)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです