メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 決勝は東明VS舞鶴 /大分

前半24分にトライを挙げる大分東明の日隈太陽選手

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県予選準決勝2試合が1日、大分市の昭和電工サッカー・ラグビー場であった。大分舞鶴は54―33で日本文理大付に競り勝ち、大分東明は104―0で大分工に完勝して決勝進出を決めた。決勝は8日午後1時5分から大分市営陸上競技場で。決勝で大分東明と大分舞鶴が顔を合わせるのは5年連続となる。

 第1試合では、大分舞鶴が前半2分、ラックからウイングの左村碧月選手(2年)が抜け出して先制トライ。前半終了間際にもラインアウトからモールでフォワードが押し込みトライを挙げた。後半は日本文理大付が安宅優斗選手(同)のトライなどで積極的に攻撃したが、大分舞鶴に5トライを奪われ及ばなかった。大分舞鶴の江木畠遥加主将(3年)は「決勝までにプレーの精度を高めて昨年の雪辱を果たしたい」と闘志を燃やした。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. 「海外旅行に行けないけれど食べたい」 機内食販売が人気 ANA、JAL

  5. 新型コロナ 東京都内で新たに1274人の感染確認 重症者は最多を更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです