メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

ファッションデザイナー・高田賢三さん=10月4日死去・81歳

高田賢三さん=小出洋平撮影

心優しい「木綿の詩人」 高田賢三(たかだ・けんぞう)さん=新型コロナウイルス感染症のため、10月4日死去・81歳

 こよなく愛し、自作のプリントに取り入れたシャクヤクの花のように華麗な生涯だったと改めて思う。活動的で自由なプレタポルテ(高級既製服)の時代を切り開いた高田賢三さんはモードの中心地・パリに愛されたスターデザイナーであった。

 存在の大きさを実感したのは筆者が初めてパリを訪れた1980年。高田さんが提唱したフォークロア(民族調)の重ね着や特徴的な花柄のストールを巻いた女性が目についた。多文化的なスタイルに時代のエネルギーを感じた。現地の雑誌を開くと、高田さんが少年のような顔でほほえんでいた。身一つでパリに渡り、上りつめた軌跡に勇気づけられた日本人は多いはずだ。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです