メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

ラグビー部の経験「人生の肝」に=お笑いコンビ「ジャルジャル」 福徳秀介さん

学生時代の思い出などを語るお笑い芸人、ジャルジャルの福徳秀介さん=東京都千代田区で2020年10月13日、竹内紀臣撮影

福徳秀介(ふくとく・しゅうすけ)さん

 11日に恋愛小説を出版します。意外ですか? 恋愛小説と出合ったのは中学生の時です。ストーリー展開や場所の設定が気に入ると何度も何度も読み返していました。文章を書くことも好きでした。1日の授業が終わると、担任の先生に提出する連絡帳にその日感じたことを物語風に書いていました。3行ほどのスペースに毎日びっちり。ある時「これを読むことが実は楽しみです」と担任の先生からの返事が書かれていました。なんてことない日常を書き連ねただけなのにと、うれしかったのを覚えています。

 学生時代で一番楽しい時間だったのが高校のラグビー部。相方の後藤淳平をはじめ仲間と出会えました。上下関係、厳しい練習……。どんなに苦しくても終わりが来ることを学びました。この時の経験は「人生の肝」になっています。一緒にふざけ合っていた後藤とコントを始めたのもこの頃です。でも教室に戻るとおとなしかった。野球部のクラスメートが面白いことを言って女の子たちを沸かせているのを横目に「絶対、俺らのがおもろい…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです