連載

影山貴彦のテレビ燦々

同志社女子大学メディア創造学科教授・影山貴彦さんがつづるテレビにまつわるコラムです。

連載一覧

影山貴彦のテレビ燦々

令和の必殺仕事人「七人の秘書」 痛快、鮮やかにワル退治

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「7人の秘書」第3話(11月5日放送)の一場面。左から大島優子、菜々緒、木村文乃、室井滋、シム・ウンギョン、広瀬アリス=テレビ朝日提供
「7人の秘書」第3話(11月5日放送)の一場面。左から大島優子、菜々緒、木村文乃、室井滋、シム・ウンギョン、広瀬アリス=テレビ朝日提供

 <影山貴彦のテレビ燦々(さんさん)>

 「痛快」という言葉がよく似合う。「七人の秘書」(ABCテレビ系)は、そのタイトルが示すとおり、「名乗るほどの者ではございません」とサラリと言う7人の秘書・元秘書が、社会にのさばるワルたちを完膚なきまでに退治してくれるドラマだ。

 仕事の上では目立たぬ役柄を演じるキャストが豪華だ。木村文乃、広瀬アリスは同じ銀行、菜々緒は警視庁、シム・ウンギョンは大学病院、大島優子は都庁でそれぞれ働く現役の秘書たちで、家政婦の室井滋、ラーメン店主の江口洋介の2人は元秘書だ。職場環境の設定がうまい。黒一点で、江口をメンバーに加えているところも見事だ。

 脚本は、数々の名作を世に出す中園ミホがメインで担当している。エグゼクティブプロデューサーはテレビ朝日の内山聖子だ。ふたりがタッグを組んだ、米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX」を知らない人はいないだろう。ちなみに内山は若き頃、同局で秘書を務めた経歴を持つ。余談ながら、テレビ局ではそうした人事は珍しくない。昨日までスーツの一着さえ持っていなかったディレクターが、突然の辞令で営業部へ、ということ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文759文字)

あわせて読みたい

注目の特集