特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

若手を任命拒否した理由「若手が十分いない」 支離滅裂で混迷深めた菅首相の答弁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の今井雅人氏の質問に答えるため資料を手にする菅義偉首相=国会内で2020年11月2日午後3時39分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の今井雅人氏の質問に答えるため資料を手にする菅義偉首相=国会内で2020年11月2日午後3時39分、竹内幹撮影

 2日の衆院予算委員会で、日本学術会議に関する政府・自民党と野党の議論は堂々巡りの展開となった。菅義偉首相は会員候補6人の任命を拒否した理由の説明で核心を避け続け、学術会議のあり方を問題視する自民党と歩調を合わせた。野党は「論点のすり替え」と反発を強め、首相への追及を続ける方針だ。

総務省課長の更迭とは「全く違う」

 「いやいや、それはもう表になっている人ですから。それと今回の任命権とは全く違うんじゃないでしょうか」。首相は自著「政治家の覚悟」の中にかつて総務省課長を更迭した理由を述べた章があると立憲民主党の今井雅人氏から指摘され、6人の任命拒否理由を明らかにするよう迫られると、色をなして反論した。

 今井氏は6人が安全保障関連法など政府の政策に反対したことと任命拒否理由の関連を追及。首相が「政府の法案に反対したからではない」とする一方、直接的な理由の説明を拒むと、「片方が話せて片方が話せないでは納得できない。狙い撃ちではないか」と食い下がった。それでも、首相は「課長の人事は表になっている」と繰り返すばかり。…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1397文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集