特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

期日前投票9300万人、開票遅れ不可避 トランプ氏「フライング宣言」検討報道も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領(左)とバイデン前副大統領=AP
トランプ米大統領(左)とバイデン前副大統領=AP

 米大統領選は3日、投開票される。新型コロナウイルス感染拡大を受け、郵便投票を含む期日前投票が急増した今回は、開票の遅れが予想される。開票日に勝敗が判明しない可能性もあるが、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)陣営が一方的に勝利宣言をすることを検討しているとの報道もあり、混乱への懸念が広がっている。

 フロリダ大の米選挙プロジェクトの集計によると、1日現在で9325万人が期日前投票を済ませた。2016年大統領選の投票総数の3分の2にあたる。各地の選管当局は当日投票分と期日前分の2種類の開票と集計を行うことになり、大勢判明は遅れる見込みだ。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1062文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集