特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

「魅力的な大阪づくりへ新たに出発を」 都構想再否決で近隣首長ら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市役所(手前中央)と市街地=2020年10月12日午前9時50分、本社ヘリから
大阪市役所(手前中央)と市街地=2020年10月12日午前9時50分、本社ヘリから

 大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」が住民投票で否決されて一夜が明けた2日、近隣自治体の首長らから「魅力的な大阪をつくるため新たに出発してほしい」などとする声が上がった。

 兵庫県の井戸敏三知事は定例記者会見で「東京に対抗する西日本の拠点の大阪都になることが、日本の発展に望ましいと考えていたので残念だ」と述べた。反対多数となった理由については「大阪市が無くなることへの市民の抵抗、違和感がかなりあったと感じられる」と分析。「二分された大阪を『ノーサイド』にし、未来の発展につないでいくためには関西地域との連携が欠かせないのではないか…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集