メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング京口紘人の世界戦中止 本人がコロナ感染 PCR検査で判明

前日計量を終えた後、ポーズを取る京口(右)とタノンサック=大阪市内のホテルで、2020年11月2日午前10時19分、安田光高撮影

 日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市内のホテルで記者会見を開き、3日にインテックス大阪(大阪市)で予定されていた世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者、京口紘人(26)=ワタナベ=の新型コロナウイルス感染のため中止すると発表した。

 京口の50代の男性チーフセコンドも感染が判明した。ワタナベジムの渡辺均会長は、年内に同じカードで開催したい意向を明らかにした。

 京口にとって3度目の防衛戦は、新型コロナウイルスの感染拡大後、海外選手を招き、観客を動員して行う国内初の世界タイトルマッチとなる予定だった。対戦相手は来日後2週間の隔離生活を経て試合に臨み、来夏の東京オリンピック・パラリンピックに向け、感染対策の運営面でも注目されていた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです