メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大槌・吉里吉里で薪まつり 親子連れ200人楽しむ /岩手

芳賀正彦さん(左から2人目)らに導かれ東日本大震災の避難生活を支えた「まき割り」に挑戦する大槌の子どもたち=岩手県大槌町吉里吉里3の吉里吉里国で2020年11月1日、中尾卓英撮影

 東日本大震災の被災者を支えた森林資源に着目した「薪(まき)まつり」が1日、大槌町吉里吉里で開かれた。ツリークライミングなどの体験や大槌、釜石商工両高の吹奏楽部合同の野外演奏などに200人超の親子連れが心を温めた。

 子どもたちはまき割りや、まきを使った木工細工に挑戦。大槌産の素材を使った窯焼きのピザや鹿肉料理、アフリカのコーヒーなどの振る舞いに家族で舌鼓を打った。大槌高1年、前川緑…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです