メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学 生きるっておもしろい(イラスト・佐藤学)

 「疎密」という言葉があります。まばらなことと、きめの細かいことを意味する熟語で「人口の疎密」などというふうに使われます。

 疎密の「密」は狭い範囲に人が集まっていて、空間的な距離が近くなるということです。今は新型コロナウイルスの感染を防止するため、密集、密接、密閉の3密を避けろといわれていますね。

 「疎」はその反対。人がパラパラとしかいないので、距離も開いてしまいます。「過疎」は、地方に人が少なくなって、それが極端になった状態のことを指します。

 疎は訓読みで「疎(うと)んずる」と読みますね。これは実際の距離ではなく、気持ちの上の距離です。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです