メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学 生きるっておもしろい(イラスト・佐藤学)

 「疎密」という言葉があります。まばらなことと、きめの細かいことを意味する熟語で「人口の疎密」などというふうに使われます。

 疎密の「密」は狭い範囲に人が集まっていて、空間的な距離が近くなるということです。今は新型コロナウイルスの感染を防止するため、密集、密接、密閉の3密を避けろといわれていますね。

 「疎」はその反対。人がパラパラとしかいないので、距離も開いてしまいます。「過疎」は、地方に人が少なくなって、それが極端になった状態のことを指します。

 疎は訓読みで「疎(うと)んずる」と読みますね。これは実際の距離ではなく、気持ちの上の距離です。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです