メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の叙勲 県内から48人 /山形

瑞宝双光章を受章した色摩幸子さん=山形市で2020年10月30日、日高七海撮影

 各分野の功労者に贈られる秋の叙勲が3日、発令され、県内からは48人が受章する(中綬章以上は特集面に掲載)。元障害者支援施設総括援助専門員で、瑞宝双光章の受章が決まった色摩幸子さん(62)=長井市五十川=に喜びの声を聞いた。【日高七海】

瑞宝双光章 「福祉の原点」忘れず 障害者支援40年・色摩さん

 「私なんかがいただいてもいいのかな。びっくりしています」。障害を持つ人の支援に携わって40年以上。思わぬ受章に、控えめに笑顔を見せた。

 長井市出身。高校卒業後は保育士を目指して山形保育専門学校(現羽陽学園短大、天童市)へ進学した。知人の勧めもあり、卒業後は県立やまなみ学園(長井市)に就職。働くうちに「障害を持つ人たちの成長の経過を見るのも良いかもしれない」と感じた。

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです